睡眠で夢を見るとなぜ忘れるのか

・周期

人は約1時間半ごとに夢を見ると言われています。
それは夢はレム睡眠の時に見られるもので、ノンレムとレム睡眠の切り替わりが
1時間半ごとに行われるためです。

といってもレム睡眠のときは常に夢をみているわけではなく、人にもよりますが、
平均としては一晩で80分ほどだそうです。

・脳はどうなっているのか

普段私達は会話をしたり論理的な思考をするときよく左脳を使います。
また右半身は左脳につながっていて、人間のほとんどが左利きだという事を考えれば
起きている時は左脳をよく使っているということになるでしょう。

ですが、夢を見ている時は利き手に関係なく右脳をよく使っているという結果があります。

・なぜ内容を忘れるのか

夢を見てもその内容をうまく思い出せない、という経験をした人は多いでしょう。
その原因の一つは夢を見てから起床するまでに時間があるからです。

夜に8時間ほど寝ているとするとその間に夢を何回も見て、ノンレム睡眠で途切れて、
を繰り返し、起きるころにはかなり時間が経っているためどんな夢を見たか、
また見たことすら忘れてしまうこともあります。

これが昼寝のような短い睡眠であれば内容はある程度忘れていても夢を見たことまで
忘れてしまう、という事はなくなるでしょう。

睡眠障害と症状 種類 睡眠不足の解消法
市販の睡眠導入剤について 睡眠不足の影響について 平均、最適な時間とは
音楽 過剰な場合は 仮眠の方法と最適な時間
分割して眠る 早起きする方法 記憶整理
TOP