仮眠の方法と最適な時間

昼間の短時間の仮眠は頭をすっきりさせ眠気を解消させます。
短時間とは10~20分ほどで、そんな短い時間なら眠気はとれない、と
思われるかもしれませんが、昼間の仮眠は夜の長時間睡眠と比べ
時間当たりの睡眠効果は高いといわれ、逆仮眠が長すぎると
頭が働きにくくなり、夜不眠症に悩まされる可能性があると言われています。

仮眠は寝るときの姿勢や環境も大事な要因だと思います。
夜と違ってベットで寝れるとは限らないでしょうから。
下手をするとどっかを痛めたり骨や筋肉に異常を与えかねません。
特に頭は寝ている時かなりの重量を生み出すので、手や硬い所で固定せずに
なるべくクッションか、なければタオルを太めに巻いて快眠したいですね。

仕事中に仮眠がとりたい時は手で頭を支えて寝る人も多いと思いますが
それだと手が痛くなる上安眠できないし、カクカクしてるので正直周りからバレバレです。
どうしても仮眠がとりたい時はトイレの個室へ行くとだいぶ安眠が出来ます。
タイマーを仮眠に最適な10~20分ごとに振動で設定しておけばいいし、それくらいの
時間だったらトイレでもありえるでしょう。

睡眠障害と症状 種類 睡眠不足の解消法
市販の睡眠導入剤について 睡眠不足の影響について 平均、最適な時間とは
音楽 過剰な場合は 仮眠の方法と最適な時間
分割して眠る 早起きする方法 TOP