睡眠不足とその解消法

日中の眠気を解消する方法はいろいろありますが、
それは根本的な睡眠不足を解消する方法ではありませんし、
無理を続けると体にもよくないですね。

それを踏まえた上で睡眠不足を解消する方法を考えていきましょう

眠りの質を上げる

まず、眠りに入る前に睡眠を妨げる心配事を排除しましょう
これでかなり安眠度がかわります。

眠りを妨げる要因とは電話、頭に落ちてくるかもしれないもの
はできれば部屋には置かない方がいいです。
後は床に落ちるかもしれないベットより布団の方が安眠できると
言います。

それと物音に敏感な人は出来たら耳栓をしてください。
次に電灯ですが、完全に部屋を暗くするのではなく、豆電球程度の
明るさのあるほうが安眠度が上がるという研究があります。
出来そうなものは試してみてくださいね

仮眠をとる 睡眠は絶対夜でないとダメという事はありません。
というか夜に十分に練れないから睡眠不足になるわけで足りない分は
仮眠を取ることで解消できます。
まったく昼寝をしない人が毎日時間を決めて15分だけ仮眠をとる
ようにしたら驚くほど集中力が上がったという実験がありました。
ただし仮眠は30分以上とってしまうと逆に脳が目覚づらくなって
集中力が下がるという報告がありますので注意してくださいね。
寝始める時間を
固定にする
睡眠リズムがくずれると質、量ともに悪くなる傾向にあります。
だいたいはどんどん寝る時間が遅くなっていってリズムがくずれていく事が
多いと思いますが、その場合は過剰睡眠によって体や脳がダルく
なっている可能性もあります。
理想の睡眠時間を知る 平均寿命がもっとも長い平均睡眠時間帯は「7~8時間」という結果が
出ています。
ただ、人によって睡眠の質は違うため、もっと少なくても元気な人も
いれば7時間だとつらい、という人もいると思います。
そのため、自分にとって最適と思える睡眠時間を見つけ、休日を含め、
なるべく毎日その睡眠時間に固定させるようにすれば寝れない日や
日によってダルい、という事が少なくなるはずです。
食事中の水分補給をやめる 水を飲んでしまうと、消化液の酸が薄まり、結果的に消化活動を妨げ、
消化器官に負担がかかります。
その消化の負担が眠気の原因となります。

睡眠障害と症状 種類 睡眠不足の解消法
市販の睡眠導入剤について 睡眠不足の影響について 平均、最適な時間とは
音楽 過剰な場合は 仮眠の方法と最適な時間
分割して眠る 早起きする方法 夢を見る
記憶の整理 TOP