分割睡眠法とは、その効果

分割睡眠法とはその名の通り夜にまとめて長時間寝るのではなく、一日に
何度かにわけて短い睡眠をとる方法です。
これは忙しい現代人にとって有効な時間活用術だといわれます。
また、昼の仮眠10分の効果は夜の睡眠1時間に相当するといわれているのです。

分割睡眠をすることで夜の睡眠はかなり減らせますし、10,20分程度の眠りなら
脳が目覚めるまでの時間も短くてすみます。

仕事の関係で夜にまとめて時間を取れない人にはいいですね。

何より人間は長時間集中して活動が出来ないので起きている間は朝がもっとも脳が冴えて
時間がたつとともに徐々に作業効率などが下がってくるといわれています。
しかし分割睡眠をすることでそれまでの疲れをリフレッシュしまた元気に活動が出来ます。

忙しい人ほどこの分割睡眠を採用しているといわれ、おもに仮眠をとるときは通勤の電車内
昼食後の昼休みが多いようです。
そういった隙間時間を有効活用することができれば非常に効率がいいですね。
これを実践しているひとは夜の睡眠時間が3時間でもまったく病気にならず健康体もいて
肉体的にもいい影響を与えるといわれています。
時間が足りないと感じている人にはぜひ試してほしい方法です。

また、あまりに時間がなくて、一定時間ごとに片目ずつ目をつぶって右脳と左脳を
交互に休ませるという人もいるそうです。

睡眠障害と症状 種類 睡眠不足の解消法
市販の睡眠導入剤について 睡眠不足の影響について 平均、最適な時間とは
音楽 過剰な場合は 仮眠の方法と最適な時間
分割して眠る 早起きする方法 夢を忘れる
記憶の整理 TOP